2013年08月30日

感じ取る事


8月もあっという間に過ぎて

今年の8月も沢山の出会いがあり、とっても充実した

夏休みをすごせた。もちろん、都響の業務は始まっていて

いろいろ仕事はしていて。この夏に色々体験させてもらった事を

今年もあと半分も無いが課題を克服していきたい。

面白かったのは先日の「兵士」でご一緒した熊谷くんのお話で

彼はダンサーとして世界で活躍してて、狭い空間で動きに制約がある時

どのように距離感を保ちつつ沢山動けるかという話で、

「目で距離感をはかるのではなく、そこにある物体から

 発するエネルギーを感じて距離をはかる」

要は自分で距離をはかるのではなく相手から感じ取る。

音楽も自分から発信する事も大事だけど、アンサンブルの場合は

相手からの発信に耳を傾け感じ取る事がとっても大切で。

制約の中で最大限のパフォーマンスをする。もしかして、制約がある程度

あるから、そこで何が出来るかと考える事ができ、バリエーションが

生まれるのかもしれない。その柔軟さが音楽にもダンスにも必要なんですね。

勉強になりました。

1238709_655599437784580_693586038_n.jpg
posted by よ〜た at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 大事な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

三半規管


人間の平衡感覚を司る部分。ここを意識して最近弾いている。

芦屋でアレクサンダーテクニークの小野先生に弾いてるとこをみてもらい

奏法の欠点や体の使い方をすこしアドバイスをもらった。

耳の使い方の問題を教えて頂き、いままで自分の音がどれだけ聴けてなかったか

ビックリする。自分が頑張ってしまう瞬間や、カッとなって弾いてしまう瞬間に

そこを意識して体の軸がぶれない様に意識している。

右手も楽になり、音もよく響き出した気がする。もう少し研究が

必要だけど、僕にとって魔法の言葉だ。

小野先生に感謝です!!

あれから、楽器を弾くのが最近ますます楽しい。

posted by よ〜た at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大事な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

初心忘れるべからず


今日で今年度の都響の音教業務終了。

インフルエンザがオケ内で蔓延してる。

本当に気をつけたい。

数日前、桐朋の学生と食事をした。

大学生活も4月で折り返しを迎えるその子は

もちろん自分の将来、卒業後、今現在の自分の置かれてる

状況や、歳の近い活躍してる連中との演奏技術の差など、

悩みは尽きない。もちろんそうだろうし、自分もそのぐらいの

歳の頃はよく先輩と2〜3日に一回ぐらいのペースで呑んで

語り合ってたし、気持ちはとっても良くわかる。そうだろうとも。

でも、その子の悩みを偉そうにきいてたけど、

自分ってば今現在、当時とあんまり変わりないような。。。

当時と悩みは違えど、その時々で自問するし、問題意識を

持ち続けてたら、そういうのって尽きないんじゃないかな?って思う。

毎日必死に弾いて弾いて汗かきかきやってるだけ。

今日現在も、兎に角全力疾走中です。

いままで色々考えていい結果が出た事がなくて。


今思うのは「初心忘れるべからず」なのかな?

自分の楽器を習い始めた頃や、

初めてオケを弾いた頃や、仕事を始めた頃に恥をかいた時、

試用期間中に胃の痛くなった時や、初めて「鱒」を弾いた時の感動、

初リサイタルの緊張感などなど。。。

そんな気持ちを忘れちゃいかんなと、学生と話してて思いました。


で、「初心忘れるべからず」という言葉を検索したら

自分が思ってたよりもっと深い意味があることわざでした。

うん。なるほど。

詳しくはこちらをご覧下さい下矢印2

http://blog.share-wis.com/?p=425

今日赤坂を通ったら赤プリがこんなにちっちゃくなってて。

DSC_0383.jpg



posted by よ〜た at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 大事な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする